• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

サンプルベースの音楽制作にも対応。Ableton Live専用のコントローラ『PUSH 2』リリース

Ableton Live専用のコントローラとして人気のPushが、新たなデザインとワークフローを実現した『Push 2』としてリニューアル。Pushと同様にビート、メロディ、ハーモニーの再⽣などをコントロールでき、新たにサンプリングに関連する機能のコントロールも可能になりました。必要な情報を分かりやすく表⽰する、よりレスポンシブになったパッドとマルチカラー・ディスプレイは、これまで以上にスムーズなワークフローとパフォーマンスを可能にしてくれそうです。

Push 2のトピックは、サンプリング・ワークフローです。サンプリングから、サンプルのスライス、タイムストレッチして、シーケンスを構築と、一連の作業がスムーズに行えます。こちらの動画ではサンプリング・ベースのトラックの制作工程が紹介されています。

出典:YouTube

動画では、サンプリングしたビートが、即座にスライスされ、パッドへアサインされていますが、このサンプリングのワークフローはNative InstrumentsのMaschine 2と同様の仕様ですね。Push 2なら、Liveでの制作にサンプリングを取り入れられるので、トラックの可能性も広がりそうです。気になるLiveユーザーの方はチェックを。

主な機能

  • ビート、ノート、コード、オートメーションの再生やステップ・シーケンスをコントロール
  • 新しいサンプリング・ワークフロー:Push 2からサンプルをスライス、再生、マニュピレート可能に
  • 必要な情報を表示する大型マルチカラー・ディスプレイ
  • 64のセンシティブ・パッド(バックライト付き)
  • 8つのタッチセンシティブ・エンコーダーでミキサー、デバイス、インストゥルメントをコントロール、Liveブラウザーをナビゲート
  • ライブパフォーマンスやアレンジ録音に便利なクリップ・ローンチ・モード
  • ノートやコードの再生にユニークなアプローチを提供するスケール・モード
  • 新規ユーザー用にLive Introが付属

主な仕様

  • サイズ:(WxDxH):370x293x26mm(エンコーダーを含む高さ):46mm
  • 質量:2,990g

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!