• このエントリーをはてなブックマークに追加
CULTURE

アーティスト独自のLiveの活用方法を学べるイベント『Ableton Meetup Tokyo 』の第5回目が開催

Ableton Liveユーザーのコミュニティーの構築を目的に、アーティスト・エンジニア・DJ・VJなどが、自分の得意とするLiveの使用方法をプレゼンテーションするイベント「Ableton Meetup Tokyo」の第5回目が、4月26日(火)に開催されます。”Experimental Special”と題された今回は、各出演者により実験的なテーマでプレゼンテーションが行われます。

今回初登壇となるBervatraは、彼らがライブパフォーマンスで行っている環境音をサンプリングしてその場でビートを作成する方法を披露。また、Ableton認定トレーナーのKoyasがLEAP Motionを使ってジェスチャーでエフェクトをコントロールする方法を紹介し、Megumu OtaniはMax for Liveを使用して自動で育成する音楽を奏でます。

Ableton Meetup Tokyo Vol.5

Ableton Meetup Tokyoでは、4月開催から学割を導入し、入口で学生証を提示すると500円オフで入場できます。春の陽気に誘われて音の実験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Ableton Meetup Tokyo Vol.5 Experimental Special 概要

日程:2016年4月26日(火)

時間:19:00~23:00

場所:Space Orbit 東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1F(三軒茶屋駅 徒歩6分)

出演/テーマ:

Koyas(Ableton認定トレーナー):「手の動きでエフェクトを多次元コントロール」

Megumu Otani:「オートメーションを活用し、generative music(育成音楽)を!vol.2」

Bervatra:「フィールドレコーディングの多層構造化を用いたリアルタイム・ビートメイク」

入場料:¥2,000-

Facebookイベントページをチェック

画像出典:Ableton Meetup Tokyo

この記事をSNSでシェア!