• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

サンプルの可能性は無限大。ドラムサンプルをクリエイティブにエディットする7つの方法

7-quick-ways-edit-drum-sample-creatively-eyecatch

机を叩く音、ドアを開けた時の音、水滴が落ちる音など、どんな音でもサンプリングしてトラックを作り出すことができます。サンプルのポテンシャルは無限大ですが、サンプルをトラックでどのように使っていますか?

サンプルは楽器と同じように使い方も多種多様です。DAWソフトにはサンプルを加工することができるサンプラーやエフェクターなどの様々な機能が用意されていますが、どこから始めれば良いのか迷いどころですよね。

ここではドラムのサンプルを使って、シンプルでクリエイティブな7つのサンプル・エディット方法をお教えします。この記事で使われている全てのオーディオ素材は、現在Wavy.audioでダウンロード可能な無料サンプルパックに含まれているHuSo’s #pandemicのドラムループです。是非同じループをダウンロードして読み進めてみてください。それでは始めましょう!

1. 簡単にアレンジできるワンショットを作ろう

サンプルをチョップすると、サンプルの使い易さが格段にアップします。今回はシンプルなドラムブレイクを、いくつかのワンショットにチョップして使用しています。

DAWでドラムループをチョップするやり方はたくさんあります。例えば、波形の一部をハイライトしたり、スライスツールを使ったり。スネアやキック、ハイハットのワンショットをいくつか選んで、全く新しいパターンを作ることも可能です。

こちらがオリジナルのドラムループです。


上部のドラムループをチョップして作成したワンショットです。


上部で作成したワンショットをアレンジして作ったシンプルなパターンです。


ポイント:不要な音が混ざるのを防ぐため、チョップしたサンプルのスタートとエンド・ポイントは正確に設定しましょう。

2. ループを加工して自分の色を加えよう

次に作成したループを加工していきましょう。自分だけのシグネチャー・サウンドを生み出すためには多くの実験が必要です。元ネタのドラムブレイクの低域に、シンプルなディストーション・プラグインを使って粗さを加えてみました。

Screen Shot 2016-03-03 at 2.24.30 PM

ドラムを演奏しなくてもクリエイティブな加工により、オリジナルのビートが作れます。こちらが元のドラムループです。


こちらが加工した後のドラムループです。かなりインダストリアルな仕上がりです。

3. リバースを活用してユニークな音を作ろう

リバースしたループからワンショットを抜き出すとユニークなサウンドが作れます。特にシンバルやハイハットなどのパーカッシブなサウンドをリバースすると、良い感じの効果を得ることができます。こちらは元のループを普通に再生した後に、リバース再生したものです。

4. プラグインを使うとドラムからシンセも作れる

ループからいくつかのワンショットを抜き出したら、今度はお気に入りのプラグインを使って新しいトーンを作ってみましょう。このような工程を踏むことで、スネアはスネア以上の音にも成り得ます。

以下のサウンドは、BitwigのSamplerでリバーブを加えて、広がりのあるスタブ音を作ってみました。あなたもお好みのエフェクト・プラグインを使って試してみてください。

5. タイムストレッチを使ってディストーションを加える

ドラムブレイクをちょうど良い長さでトラックにはめたい場合は、タイムストレッチ機能やワープ機能がオススメです。手持ちのサンプルのタイミングがいまいちトラックと合わない場合は、素材を伸縮してしまえば良いのです。

stretch-gif

ある程度の範囲でサンプルをストレッチしても問題ありませんが、限度を超えると歪みが生じます。しかし、この歪みの効果も結構使えます。過剰にストレッチした音でも、場合によってはかっこいい音に仕上がることもあります。デジタルの限界を逆手に取ってみることも有効です。

こちらは、元のループを過剰にストレッチした音です。完全に違うサウンドに聴こえますね。サンプル全体を使用するのではなく、歪んだ音をチョップして一部を使ってみるのも良いですね。

6. ループにアンビエント感を加える

ピッチを調整することで、サンプルに更に深みが出ます。トラックに程良いアンビエント感を加えたいなら、ワンショットをストレッチして、ディレイとリバーブを加えてみてください。テクスチャーを作り上げるための音を得られます。

クリーンなワンショットでなくても構いません。2打ごとに空間をピッチ調整してみたり、ドラム音のテイルをストレッチしても良い効果を得ることができます。

7.サンプルをメインに使って曲の方向性を決める

サンプルだからといって曲のメインにしてはいけない、なんてことはありません。サンプルをリードとして使っても良いのです。ボーカルやシンセ、そしてドラムなど、サンプルがどのパートであっても、最初からサンプルに曲の方向性を任せてみましょう。

サンプルを聴いていると他のパートのイメージが湧いてくることもあります。そのイメージに乗ってみるのも良いですね。ここでは、ドラムループを前に持って来て、他のパート(ベース・パッドやシンセっぽいスタブも)はそれに合わせる形で作ってみました。

こちらが元のループです。


これがその他のサウンドを加えたバージョンです。

サンプルの可能性は無限大

サンプルの可能性は無限大です。サンプルだけでトラックを作ることも可能です。ここで紹介した方法は一例に過ぎません。これらの方法を参考にして、自分なりの手法を生み出してください。サンプルはパレットの絵の具のようなものです。クリエイティブ・サンプリングでインスピレーションを手に入れましょう!

今すぐ無料でマスタリングを試す

引用元:LANDR

この記事をSNSでシェア!