• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR PR

ワイヤレスMIDIキーボードでiPhoneがすぐに楽器に!『microKEY Air』で実現する超シンプルなセット

korg-microkey-air-2-eyecatch-eyecatch1.jpg

オーディオ機器に目を向けてみると、ワイヤレス対応のイヤフォンやスピーカーが数多くリリースされています。同じようにパソコンやスマホで使用されるMIDIキーボードですが、ワイヤレスに対応した機種はありませんでした。MIDIキーボードも、ワイヤレスで使いたいという人も多いはず。そんな現代的なニーズに応えてKORGから登場したのが、Bluetooth MIDI対応の「microKEY Air」です。

この注目の「microKEY Air」でアプリやソフトを演奏して、その性能をチェックしていきましょう。

あなたのiPhoneとiPadがすぐに楽器に

まずは「microKEY Air」とiPadをワイヤレスで接続して演奏してみます。「microKEY Air」には、iOSアプリ「KORG Module Le」の特別版が付属しているので、「microKEY Air」を買うとiPadやiPhoneがすぐに楽器に変わります。

The app was not found in the store. :-( #wpappbox

Links: → Visit Store → Search Google

こちらの動画では「microKEY Air」にダンパーペダルを接続し、ピアノのリリースをコントロールすることで、より音楽的に演奏しています。

KORG microKEY Air with KORG Module Le for iPad #piano #bluetooth #keybord   soundropeさん(@soundropecom)が投稿した動画 –

「microKEY Air」に接続したダンパーペダルの演奏情報は、ワイヤレスでもしっかりと反映されますね。「microKEY Air」にはミニキーボードが搭載されていますが、鍵盤に厚みがあるので、音の強弱もつけやすく、多彩な表現が可能です。

DAWソフトもワイヤレスでコントロール

次にパソコンと「microKEY Air」をワイヤレスで接続して、トラックの制作に使ってみます。Ableton Liveで作成しておいたトラックで、Native Instrumentsのソフトシンセ「FM8」を演奏してみます。

KORG microKEY Air with Ableton Live,FM8 #keybord #piano #electric #bluetooth soundropeさん(@soundropecom)が投稿した動画 –

 

レスポンスも問題ないレベルで、パソコンでも安心して使えます。

シンプルでコンパクトな環境はバンドマンにもオススメ

上部の動画で使用していたトラックをiOSアプリのGarageBandにインポートして、このトラックに合わせてGarageBandのエレピを演奏してみます。

KORG microKEY Air with GarageBand #electric #piano #keybord soundropeさん(@soundropecom)が投稿した動画 –

ちょっとしたライブやバンドの練習なら、「microKEY Air」とiPhoneだけでも十分いけそうです。

誰でも実現できる現代的でミニマムなセット

ここまで紹介した動画では「microKEY Air」の表現力を分かりやすく伝えるために、オーディオインターフェイスとスタジオモニターを使用していましたが、ここでは「microKEY Air」とiPhoneだけの、ミニマムなセッティングで演奏してみます。

動画のように、iPhoneのスピーカーから出力させることで、完全ワイヤレスの超シンプルなセットアップの完成です。

microKEY Air with KORG Module Le #bluetooth #electric #piano #keybord #organ

soundropeさん(@soundropecom)が投稿した動画 –

 

もう少し良い音で演奏したいという時は、ポータブルスピーカーと一緒に使うのも今っぽくて良いですね。動画では、iPhoneとポータブルスピーカーをステレオ・ミニケーブルで接続しています。

microKEY Air with KORG Module Le / Decks #bluetooth #electric #piano #keybord #organ #solrepublic soundropeさん(@soundropecom)が投稿した動画 –

iPhoneだけでも演奏できますが、スピーカーに接続した方が音のレンジも広くて、より本格的に楽しめますね。

アプリを起動してすぐに楽しめる気軽さが良い

ここまで紹介した通りワイヤレスでも思った以上のレスポンスの良さで、USB接続と比べても、レイテンシーの差は感じませんでした。DAWとの使用はもちろんですが、アプリを起動してすぐに使えるiOSデバイスとの連携は、気軽に演奏を楽しめるので、初心者にもオススメです。

今回は「microKEY Air」の49鍵を使用しましたが、この他に25鍵、37鍵、61鍵がラインナップされているので、用途に合わせて選べます。予想以上のレスポンスを実現しているBluetooth接続のキーボードが主流になるのも、そう遠くない未来かもしれません。MIDIキーボードをお探しの方には、是非チェックしてもらいたい製品です。

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!